たねだ治療院

インフォメーションブログ
ホントにそのお店で大丈夫ですか?
0

    ■■ ご自分の身体のケア どうされていますか? ■■

     

    1.ほぐしや整体、マッサージ等している施術者達は個々にして技量にとてもムラがあります。

    本来、整体とマッサージは全く違う手技なのをご存知ですか?その施術者は何をするのか、まず資格やキャリア等プロフィールをキチンとチェックし、ご自身の主訴(症状や目的)と照合してみましょう。どこのお店に行くと言うより誰に施術してもらうかが重要です。

    【プロフィールは必ずチェックしよう 】

     

    2.悪質な施術を受けても身体はケアせずむしろ逆効果

    例えば無免許が行うマッサージ等の施術は基礎が皆無な上医学的偏差値が低いため、デタラメが横行し実際事故が多発している事ご存知ですか? 筋肉が一時的にほぐされたとしても夜になると元に戻ったなんて話良く聞きます。これはお金と時間の無駄に終わった事になります。技量が低いあるいはバカみたいな圧で押す施術はタダのダメージ攻撃でありむしろ逆効果で次の日痛くなって動けなくなったり、身体がよけい硬くなったり、ストレス過多で体調不良に陥る事も往々にしてあり身体には何も良い事はありません。ちなみに良い施術は当日から翌日までダルさが現れますが、施術直後あるいはその後日に効果がでます。

     

    もみ返しとは?

    もみ返しとは悪質な揉み方のよる筋肉のダメージから来る痛み(筋肉痛)になります。特徴は身体を動かすたびに発痛するものがモミ返しになり痛みは数日続きます。(ダルさは揉み返しではない事が多いです。)そのモミ返しをお客様の体調のせいにする施術者いますが違います。それは施術者の技量が低すぎるのです。最悪の場合痛みでよけい動けなくなったりします。

     

    立地の良いほぐし・リラクゼーションと書かれている看板の店(チェーン店)は常に人手不足なためキャリア2年未満の素人同然の無免許無資格者が施術しているのが大半を占めています。

     

    3.マッサージはクセになる?

    ハッキリ言ってなります。ストレス等で硬くなった筋肉は形状記憶合金の様に脳が記憶しています。いくら他人がもみほぐした所で元の硬さに戻ろうとしてしまいます。病院に行くほどではないけどそれなりの症状ある方にはこうした手技療法はとても有効なのですが、楽して楽になるプロセスが「自分でやるのもメンドクサイから・・・」と脳が思考し、他人にほぐしてもらおうと常に脳は楽な方を選ぼうとします。意味も無く回数を通わせようとしている施術者はそうしたクセを利用しようと儲けの事しか考えておらず、クライアントの立場になって何も考えていない一つの例になります。

     

    4.保険が利くマッサージ屋?

    現在、接骨院・整骨院業界は数が増えずぎて不正請求、違法行為をしなければ生き残れない状況になっている事をご存知ですか?整骨院など保険が利くマッサージ屋(安価)だからと安易な気持ちで施術をうけると、不正請求、違法行為をしている整骨院の犯罪行為に加担している事になります。こうした事をふまえて、コンサルティングの言いなりで差別化しようとネットを介した集客行為が後を絶ちません。しかし、これらのネットの情報のほとんどがウソやデタラメが横行しています。

     

    ※免許違い

    柔道整復師=あん摩マッサージ指圧師ではありません。したがってマッサージの基本は履修していませんHPに免許アリと表記しているからと安易に信用してはいけません。しっかり免許の種類をチェックしましょう

     

    無法地帯と化してしまった現在、国家資格を所持し、その国家資格のスキルに適正かつ順守している鍼灸マッサージ店がとても希少になってしまったのをご存知ですか?

     

    ■■ こんな事ありませんでしたか? ■■


    A.「骨盤が歪んでいる」
    B.「足の長さが違う」
    C.「反り腰だ」
     などと、整骨院(柔道整復師)や無免許整体師に全く根拠のない事を言われた事ありませんか?

    ちなみに
    Aの骨盤の歪みは産前産後期以外に歪む事は滅多にありません。

    Bの場合、もし本当に足の長さが異なると、歩行困難になり常に慢性腰痛や股関節の障害が発生します。

    Cは私が今まで施術した人の中で反り腰だった人はほとんどいませんでした。
     (他店で反り腰だと言われた人も反り腰ではありませんでした。)


    こうしたデタラメの診立てで多くの人が騙され無駄に来店をさせられていますが該当しませんか?

    •  「歪んでいる」などと言われた事で不安を煽られ、割高で高額な料金を請求されたり、回数券を買わされそうになったり、施術の結果もよくわからないのに、「3回来ないとダメ」などと言われ、何も良くならずに無駄にお店の通院を強要された事ありませんか?
    • あまりに辛いので、その場しのぎに入った最寄りのお店で施術を受けたが、その場しのぎのもならずに時間とお金を損した事ありませんか?
    • 「バキバキやらない、痛くない施術をします」と謳いながら何も効果も変化も無かった事ありませんか?

     

    主な原因
     •無免許無資格施術
     •違法行為
     •キャリアが著しく乏しい
     •指導者も下手で問題あり
    こうした上記に書かれている問題はこれら原因によってもたらされています。
    その結果手技療法全体のイメージが失墜しイメージがよくない状況になっています。
     
     マッサージに行っても良くならなかった?
     『マッサージに通ったけど効果が無かった人へ』と書かれた広告やHPを見かけた事ありませんか?あたかもマッサージは”悪”の様な書き方としていますが、この様な文言を書いている施術者は主に柔道整復師や整体師であってマッサージの免許は持っていません。彼らはマッサージの事は全く勉強していないにも関わらずマッサージを否定し、さらに根本改善、根本治療と言った欺瞞を働くかのような言葉を用いて悪質な集客行為をしていていたりします。
    マッサージに行って良くならないのはその施術者の技量の問題であって、マッサージには全く罪はありません。
    そしてそんな彼らは
    ・タダのストレッチと運動療法で関節を動かしているだけ
    ・よくわからない得体の知れない機械を使用、
    ・非科学的、非医学的なテープを貼る
    ・結局筋肉を擦ったり押したりしてマッサージしていると言う矛盾
    などと、意味も医学的根拠も意味よくわかってないアヤシイ療法を、それも1年未満の修学でマスターしたかの様にハッタリをかまして実践しています。その証拠にプロフィールには技術の履修項目が何一つ書かれていない事が何よりの証拠に結び付きます。そうした事を書いている施術者程30分以上のマッサージが苦痛でメンドクサイと考えている人間が多く、楽してナントカできればとアコギな事を考えているためこの様な路線に走っているのです。

     

     根本○○って何?
    そもそも他店に書かれている様な根本治療、根本改善って何なのでしょうか?例えば根本原因と言ってる彼らはメンタルから来る原因(人間関係、仕事、介護等)の根本原因まで解決してくれるのでしょうか?そこまで求めずとも、その場しのぎでも良いから結果的に痛みや愁訴が良くなった方が良いのではないかと私自身は考えます。
    そうした根本○○と言った用語を用いている施術者の最大の問題点は病気、病理を知らないと言う事であり、いろんな人を通じて病状やその原因を知ればこんな軽率な言葉は書けません。それはあまりにも恐ろしく、無知で軽率な浅い技術をもった施術者が発信している言葉なのです。

     

    | ホントにこのお店で大丈夫? | 11:13 | - | - |